記事一覧

この世界の片隅に サウンドトラックにて再び楽しみました

この世界の片隅に0

製作2016年
配給 東京テアトル


原作:こうの史代
監督:片渕須直
音楽:
コトリンゴ


映画も原作コミックも、とても気に入ったので続いて
サウンドトラックを楽しむ事にしました(*^_^*)
あらためて紹介します。

オリジナルサウンドトラック・コトリンゴ

シンガーソングライターのコトリンゴさんは、
片渕監督の前作『マイマイ新子と千年の魔法』では主題歌を担当。
今作ではオープニングに「悲しくてやりきれない」(自身が新たにリアレンジしたカバー)。
主題歌は、「みぎてのうた」・
エンディングの「たんぽぽ」(今作のために書き下ろし)、
本編の楽曲を担当しています。

コトリンゴさんのfacebookページはこちら

さらにサウンドトラックには…











隣組
作詞:岡本一平(著作権消滅)
作曲:飯田信夫(ビクター専属)
も収録されています。良い詩ですね!大好きです。

今作にてコトリンゴさんがカバーなさるのは嬉しい限りで、
サウンドトラックでは、楽曲を充分に堪能する事ができました\(^o^)/
コトリンゴさんが歌うと、和みのイメージを感じますよね(^^♪

気に入りました!職人業ですね(°_°)
たんぽぽの種が舞うような…
可愛らしく舞う印象を体感します!

隣組」は、「ドリフターズ・8時だよ全員集合」のオープニングにて
替え歌を採用されるなど…親しみのあるメロディですしね(^^♪

ちなみに作詞の岡本一平さんは、
”芸術は爆発だ!”の芸術家・岡本太郎氏のお父さんです(°_°)

僕もこの詩には共感しており、
隣・近所との連携の様子を可愛らしく表現されていて
今なお色あせません。
とても、大切にしたい感情でございます。

「この世界の片隅に」&「サウンドトラック」
その時代背景と共に…大切にしたい作品群です。
ぜひご体感を!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

観たい番組たくさん↓
僕のお気に入り↓