記事一覧

この世界の片隅に オープニング「悲しくてやりきれない」

引き続き「この世界の片隅に」。
オープニング曲の「悲しくてやりきれない」について
とっても気に入りましたので、あらためて紹介します\(^o^)/

悲しくてやりきれない
作詞:サトウハチロー、作曲:加藤和彦
(今回の映画ではコトリンゴさんによるアレンジが施されています)
ザ・フォーク・クルセダーズのシングルで…













この世界の片隅に」にて音楽・主題歌を担当した
シンガー・ソングライターのコトリンゴさんは、
前作「マイマイ新子と千年の魔法」にて
主題歌「こどものせかい」を担当しています。

コトリンゴさんのアルバム”picnic album 1 (2010年)”にて
カバーした「悲しくてやりきれない」を
片渕監督がえらく気に入ったそうで、
”その後ずっと同曲を聴きながら制作作業を行っていた”
との事。(映画パンフレットより)

これまでも多数のアーティストがカバーしている「悲しくてやりきれない
(吉田拓郎さんや矢野顕子さん、坂本冬美さん等など…)

作詞は、詩人・作家のサトウハチローさん。
他に「リンゴの唄」や「ちいさい秋みつけた」など多数。

「リンゴの唄」については、第二次大戦後初の国産映画「そよかぜ」
の挿入歌として作詞。
並木路子さんの歌により大流行し、連合国軍占領下の日本を象徴する歌となった。

さて、コトリンゴさんの「悲しくてやりきれない」僕も同感で。
この世界の片隅に」予告編に使われていて、
映像とともに同曲のメッセージに共感します。
特に、
”このやるせない モヤモヤを だれかに 告げようか”について。

とてつもない悲しみを思い悩む感情が、
謙虚な姿勢で表現されていて…共感し涙が溢れる思いです。
この度、コトリンゴさんの歌唱表現に出会い、
僕も共鳴した次第でございます(^-^)/
感動です!

↓のプレビューからも、そう感じられますよ。ぜひ!


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

観たい番組たくさん↓
僕のお気に入り↓